はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

FIRE運動が流行っているらしい

ふと目にした記事にFIRE運動がアメリカで流行っていると書いてあった。

何なのだ?FIRE運動

Financial Independence, Retire Earlyの略で「経済的な独立」、「早期のリタイア」の事だそうだ。

アメリカのデンバーで働いていた43歳のエンジニアの人が年収1250万円の仕事をやめて資産運用で暮らしていくブログから広まったらしい。

彼は5年で1億3千万円も貯金をしたそうだ。

そのお金で資産運用をしているらしい。

アメリカでは彼のように早くに貯金をして会社を辞めてリタイアすることが広まっているそうだ。

記事には日本でも広まっていくかもしれないと書いてあった。

でも彼の様な高額年収でなければなかなか難しいと思う。

私の様に底辺会社を渡り歩き、安月給ばかり貰っていてはとてもじゃないが貯金がたまらない。

結局、私は親の年金で食わせてもらっている。

情けないが。

でも日本にも高額年収の人たちもいるから、もしかしたらそういった人たちが真似をするかもしれない。

しかしできればFIRE運動なんか流行って欲しくない。

そんなものが流行ってしまったら、社会制度が崩壊してしまう。

私の様なニートが存在できなくなってしまうからだ。

ニートが生きるためには社会制度が必須だ。

年金もしかりだが、医療費や行政もしっかりしていなければ生きていけない。

とても大切な事だ。

だから絶対にリタイアとかニート、引きこもりなどはこれ以上増えては困る。

マスコミもFIRE運動なんか絶対に報道しないでもらいたい。

私の様な者はひっそりと人知れずに生きて行けばいいのだから。






関連記事

☆彡