はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

訪問販売が来たが追い返した

春頃になると多くなるのだろうか?

悪徳訪問販売が

昨年も4月か5月にやってきて「お宅の屋根瓦が外れかかっていますよ」なんて言ってきた。

その時は私も父もいなくて母が対応してしまい業者を屋根に上げてしまった。

その時の業者は「近所のAさんちの屋根を修理していたらおたくの屋根がめくれていたので」と言ってきたそうだ。

Aさんちとはうちも親しかったので母は信用してしまい屋根に上らせてしまった。

しかし私が帰ってきて業者を断って帰らせた。

後でAさんに聞いたらそんな業者は知らないと言っていた。

業者はうそを言っていたようだ。

そして今日、父が庭にいたところ声をかけて来たそうだ。

「こんにちは」とニコニコ笑って親しみやすく話しかけてきて、「屋根がめくれかけていますよ。良かったら見てあげましょうか」と言ってきたとの事。

父は何回もこういう訪問販売を断っているので、いつも通り「オレは建築屋だったんだよ。オレがやった屋根にケチをつけるのか」と脅したそうだ。

そういわれた業者は何も言えずに帰って行ったとのこと。

やはり悪徳業者だった。

もし本当にいい業者なら逃げ帰りはしないはず。

それに屋根瓦などめくれてはいない。

父は確かに建築もやっていたが屋根についてはそれほど詳しくはない。

単なるはったりだ。

それにうちでは、もし屋根や外壁の修理をするようなときは近所の知っている業者にお願いするから、訪問販売なんかは用がない。

それにしてもここの地域にはこういった訪問販売が多い。

シロアリ駆除だとか外壁修理、宗教の勧誘なんかもある。

やっぱり田舎で年寄りも多いからなのだろう。

母にはインターフォンが鳴っても知らない人だったら出なくていいと言っておいた。

ちなみにうちの電話は常に留守番電話だ。

これが良かったようでめっきり電話の勧誘がなくなった。

悪徳業者には留守が一番のようだ。





関連記事

☆彡