はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

小雨降る中一人林道散歩

今朝は雨だったのでいつもの散歩か登山はやめようと思っていたが、8時を過ぎるとすることも無くなり歩きたくなってしまった。

そこで近くの林道を傘をさして散歩してきた。

そのコースだとだいたい1時間ほどで歩ける。

途中、山の中を通るので雨をしのげるなと思った。

歩き出して40分たった頃、林道の下の方からガサガサと音が聞こえた。

そこは崖になっていて下までは30メートルぐらいのところだ。

何か動物でもいるのかとのぞき込んだら、一人のおじさんが籠をしょって何かを探していた。

帽子にタオルを顔に巻いていたので顔までははっきり見えなかったが、だいたい60~70歳ぐらいだと思う。

小雨の降る中、何を探しているのかと思ったが春だからやはり山菜でも探していたのかもしれない。

雨の中ご苦労な事だ。

そんな風に思ったがそういう自分も雨の中散歩へ来ているのだから同じようなものだ。

やはり雨だからといって家に引きこもってもいられないから来たのだろう。

しかし今日は寒い。

昨日は23度もあったのに今日は12度しかない。

先週しまった電気毛布を出して今は足に巻いて使っている。

明日は晴れの予報だから久しぶりに山へでも行ってこようかと思っている。







関連記事

☆彡