はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

目が血走っていた

午前11時過ぎ、今買い物から帰ってきた。

今日は近くのスーパーのチラシが入って安かったので行ってきた。

近くと言っても車で20分はかかるのだが、母親にお使いを頼まれた。

目指すは特売品。

キュウリが1本 29円 

ナス       39円

人参       19円

トウモロコシ ひとり5本までで1本  98円

玉子       98円

10時オープンと同時に入店したのだが既に客が50人はいた。

みんな一斉に入り売り場は大混雑だった。

おばさまたちは我先とばかりに突進して、目が血走っていた。

流石に怖くて近づけず、少し待ってから売り場へ行った。

しかし目当ての野菜が少なくなっていて、あってもみな細かったり小さいものだけしか残っていなかったが、なんとか買う事ができた。

そして玉子も無事ゲットできた。

しかしあの勢いは凄い。

圧倒された。

あの後も客はますます増えていったから、売り場はパニックになっていたのではないかと思う。

世の中の景気が良く分かったような気がした。






関連記事

☆彡