はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

鳥もたまらず雨宿り


バンっと音がしたので窓の方へ目を向けると、鳥が窓にぶつかっていた。

慌ててどこかへ飛んで行ったが、どうやら窓があることに気づかなかったようだ。

外を見たらかなりの雨が降っていた。

こんな日は何もやる気が起きない。

気分も鬱だ。

しばらくして窓の外を見たら鳥が物干しにとまっていた。

いつもならフンでベランダを汚されたくないので、すぐに追い払うところだが今日は雨だったので追い払うのをやめた。

雨で体がびっしょになっていて可哀そうだったから

鳥は私に気が付いたようだったが逃げなかった。

2メートルも離れていないのに

なんか可愛くなってしまい、そのままにしておいた。

またしばらくしてみてみたらもうそこにはいなかった。

小雨になったので何処かへ行ってしまったようだ。

少し寂しくなってしまった。














関連記事

☆彡