はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

400万円超えの新車を買った

ピカピカの車体。

センシュアルレッドマイカ〈3T3〉 という奇麗で鮮やかな赤の車体。

車種は「RAV4」

グレードは HYBRID G

車体価格  3,817,800円



 
もちろん私の車ではなく近所の人が買った車の事だ。

土曜日に納車したらしい。

諸費用込みで軽く400万円は超えるはずだ。

前もRAV4だったがもう10年も乗っていた。

私にとっては10年で買い換えるのは早い方だが、その人にとっては遅い方だ。

その人は独身で59歳。車が好きで今までに知ってるだけで6台乗り継いでいる。

それも3~5年という短いサイクルで。

どの車も300万円を超える額の車だった。

若い時羨ましかったが自分には買えなかった。

買おうとすれば買えない事もなかったが、どうしても車に200万円以上お金をかけたくはなかった。

だから今でも100万円代の軽自動車を乗っている。


しかしかっこいい車だ。

正直羨ましい。

一生に一度ぐらいこのような贅沢を味わってみたいものだが、貧乏性が許さない。

大病をしてあと何年生きられるかさえ分からないのに、お金を使えない。

どうしようもない性格だ。

私の様な者は結局、死ぬまで贅沢はできないのだろう。

自分の好きな物さえ我慢して死んでいくのだろう。

こんな生き方でいいのだろうか?と疑問を感じるがどうする事も出来ない。

これが貧乏性なんだと思う。


それにしても近所の人の家が少し離れていてくれてよかった。

隣りだったら私の安い軽自動車と比べられてしまう。

あの車の価格は、私の車が3台も買えてしまう。

さすがにため息が出た。










関連記事

☆彡