はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

貧乏人の車だと言われても

数年前にある自動車会社の会長が「軽は貧乏人の車だ」と言ったそうだ。

その言葉は政治家も言っていた。

それについて怒っている人が多かった。

私も最初はそうだった。

しかし、時間が経つにつれてだんだんとそうかもしれないと思い始めた。

私の場合、軽自動車との縁は長い。

最初に買った車も中古の軽自動車だった。

就職してすぐだったのでお金もなく税金が安かったからそれにした。

その時の車はダイハツ ミラ 30万円だった。

それを5年乗り次にトヨタのスターレットを新車で買って13年乗り、また軽自動車に乗り換え15年乗って、今の車に至る。

今も当然軽自動車だ。

途中1台だけ1300CCのスターレットを乗っていたが、価格が安かったのでひかれた。

当時の価格が125万円で軽自動車と変わらなかった。しかもターボ車だったので決めた。

でも自動車税がバカ高かった。

確か34000円ぐらいだったと思う。

軽なら7000円ぐらいなのに。

それにターボ車だったので燃費が悪くガソリン代が月に6千円ぐらいかかった。

それなので軽自動車に乗り換えた時、自動車税とガソリン代の安さにホッとした。

それと車検代もだいぶ違う。

スターレットの時は11万円以上かかっていたが、軽自動車は7万円で済んだ。

その時も景気が悪かったので給料が上がらずボーナスも減りだした時だったので助かった。

やはり低年収の者にとっては軽自動車はありがたい。

維持費が安く済む。

そういう事を考えれば「軽自動車は貧乏人の車だ」と言われても仕方がない。

自分の場合はその通りだから何も言い返せない。

でも貧乏人と言うのは良くない。

せめて低年収者の車だと言った方がいいかも  ……



やっぱり 貧乏人も低年収者も 良くないか。

私はその通りだからいいが、中には傷つく人もいるだろうから。

言葉はよく選んで発していただきたいものだ。








関連記事

☆彡