はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

ウナギの蒲焼の値段と味

先週食べたウナギの蒲焼が忘れられずまた食べたくなってしまいスーパーへ行ってきた。

この前と同じウナギの蒲焼よりも一回り大きい物を買った。

前は980円だったが今回は1480円

少し高かったが美味しかったのでもう少し多く食べたくなりそれにした。

さっそくお昼に食べたがとても美味しい。

なにより柔らかい。たれも美味しい。山椒もいい匂いだ。

昔、日本橋で奢ってもらって食べたうな重よりも美味しい。

初めて食べたうな重は3800円だった。

取引先のデパートのバイヤーとの打ち合わせに社長と同行してその帰りに奢ってもらった。

社長はよく食べていたようで普通に食べていたが、私は35歳で初めてウナギを店で食べたのでその美味しさに感動してしまった。

しかし今日食べたスーパーのウナギはそれよりも美味しく感じた。

値段ははるかに安いが美味しい。

去年は母親が付き合い上からセブンイレブンのうな重を買わされて食べたが、皮が硬くてゴムを食べているようでまずかったが、今年はセブンイレブンのウナギの押し売りがなかったので良かった。

きっとセブンイレブンではいろいろな問題が発生したためウナギの販売ノルマも無くなったのだろう。

そのためにうちではスーパーで美味しいウナギを発見して食べる事ができた。

しかし、くせになりそうな気がしてきた。

両親もとても美味しいと喜びまた買おうという事になった。

これからうちでは毎週1回はウナギになりそうだ。

少し食費がかさみそうだが美味しい物には代えがたい。

お金は貯めているだけでは価値がない。

使わずに死んだら何のための節約だったのか分からなくなる。

今日のように幸せを感じるためにお金はあるはずだ。

これからは幸せのためにお金を使おうという事になった。

どうせ1000円程度のお金なのだから。








関連記事

☆彡