はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

苦しくて倒れた時が何回かあった

手術をするまでに何回か倒れたり、気を失う事があった。

初めは中学生の時。

その頃は兄の勧めで陸上部に入って長距離走をやっていた。

走ることは好きではなかったが兄からの強い勧誘により入らざるを得なかった。

そして練習の苦しさから何度か気を失い倒れたことがあった。

他の人は誰一人倒れたことはなかったのに。

とにかく心臓が苦しかった。


そして高校生になりもう部活はしなかった。

その代わりバイトはやった。

高校2年の時にやったスーパーのバイトの時、休憩中に仲間からタバコをすすめられて吸ったところ、急に心臓が苦しくなりその場に倒れた。

その時は一口吸っただけだった。

15分ほど横になっていたら回復できた。

勧めてきた仲間は青ざめていた。


そして社会人になって二日連続で徹夜勤務をしていた時に心臓が苦しくなって倒れた。

その時診てもらった医者から心臓の音に異常があると言われ、精密検査を受けるように言われて大きな病院で検査をして大動脈弁閉鎖不全症だと言われた。

24歳の時だった。

いつか病状が進んだら手術だと脅されて、それ以来不安を抱えて生活してきた。


そして15年ほど過ぎ40代になった時、会社が潰れて1年間登山をしていた頃に登っている途中で心臓が苦しくなりあきらめて下山したことがあった。

その時は自分の病気の事を軽く見ていた。

その事があって登山を中止した。


そして家電量販店で働いていた時にまた心臓が苦しくなった。

倒れはしなかったがすぐに休んだ。

仕事中に唇が紫色だと言われたことがあった。


今まで何度も倒れたり苦しくなったりしたが、よくあの時死ななかったなとつくづく思う。

それほど危なかった。

今まであの走馬灯を何度見た事だろう。

鮮やかな色で映し出されるスライドショー。

また見る事はあるのだろうか?

今度見る時は最後のスライドショーになるかもしれないな。









関連記事

☆彡