はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

台風の時こそ出社しなければいけない

昨日は台風の影響で電車が止まり所々の駅には人が溢れて大変だったようだ。

どうしてそんな時に出勤するのか?

理由は、出勤しようと努力している事を示すためだ。

要するに社畜としての忠誠心を示すためだと思う。

簡単に「台風で電車が止まっているので休みます」なんて電話したら「あいつはダメな奴だ」と印を押されてしまう。

だからどんなに大変な状況な時でも出勤する。

そうすることによって評価が違う。

ボーナス、昇給、異動と後々差が出てくる。

だからみんな昨日のように大変な目に合っても出勤するのだ。

しかし私から見たら皆甘い。

というかダメな奴だ。

大変な思いをして出勤するのは当たり前なのだ。

私が以前勤めていた時に同じように台風が近づいて来てこのままでは電車が止まるなと思い、その前日に会社の近くのカプセルホテルに泊まりそこから出勤したことがある。

その時は会社の人にありがたられて評価も上がった。

そのくらいはすべきだと思う。

もちろんその時は私にしかできない仕事だったので休む事ができなかったのもあるが。

しかし、あれだけ駅にたむろするなら泊ることも考えたほうがいい。

会社で待っている人は「出勤大変そうで可愛そうだね」なんて思わない。

「何やってんだ。みんな仕事しているんだぞ」と思っている。

中には「なんで分かっていたのに前日から近くのホテルに泊まらなかったんだ」と怒る人もいるだろう。

これは本当にあった話。

会社は甘くない。

いつも働いている者たちをよく見ている。

忠誠心の度合いを測りそれ相応の待遇をする。

私がこれまで勤めてきた6社ではそうだった。

どこも似たようなものではないかと思う。

これからは台風でも出社していて当たり前になるかもしれない。

台風の来る前日のホテルは満室になってしまったりして。

そこまではならないだろうが、相変わらず電車が止まれば駅はごった返すだろう。










関連記事

☆彡