はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

山で見つけた昭和の忘れ物

今日はいつもの山から下りてくるコースを変えてみた。

下りる道は二通りあるのだが、一方は急坂なのでいつもはそっちへは行かず緩やかな方を下りている。

何故か今日はいつもと違うコースを歩きたくて急坂コースを歩いた。

下り始めて40分が経った頃、少し休もうとしたら草むらに空き缶を見つけた。






スプライトの250ミリリットル缶だ。

子供の頃に見たことがある。

自動販売機や駄菓子屋などで見た。

数回買って飲んだこともあった。

懐かしい。

帰ってから調べてみたら1975年頃発売されていた。

40年ぐらい経っているのだろうか?

缶を拾って裏側を見たら裏は錆びていて土がついていた。

しかし表側は何故かあの当時のままのようだ。

一瞬拾って帰ろうかと考えたがやめた。

40年近くそこにあったのだからそのままにしておくことにした。

またそのコースを歩いた時に見つけることにした。

缶を登山者に発見されないようにと草むらに隠してきた。

これでまた一つの密かな楽しみができた。

たまに山を歩いていると古い缶を発見することがある。

そのたびに懐かしさを感じて宝物を見つけたような気がする。

きっとその当時の事が頭の中に広がってノスタルジーを感じるからだろう。

これも山を登る楽しみの一つだ。

だから山を毎週登っているのかもしれない。







関連記事

☆彡