はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

心不全と診断書に書かれたことがあった

今朝のニュースで滝口幸広さんという俳優さんが突発性虚血心不全で亡くなったと伝えていた。

また若い人が亡くなってしまった。

数年前にも18歳のアイドルが心不全で亡くなった。

その他にも若いスポーツ選手も亡くなっている。

何なのだろうか。心不全って。

何の前触れもなく突然襲ってくるなんて。

自分も手術前にうっ血性心不全と診断書に書かれたことがあり、それを見た時絶望感を味わった。

死に直結しそうな感じがしたからだ。

その時だって自分では何も体に不調を感じる事はなかった。

まったく普段と変わらないから心不全だと言われた時は一瞬ポカンとした。

これだから恐ろしい。

しかし残酷だ。

まだこれからという若い人が心不全で亡くなるなんて。

こういうニュースを聞くたびに悲しくなる。

もっと早く何とかできなかったものかと。

自分のような中年のゴミのような者が生き残り、若くて輝いていて将来にも夢がある人たちが先に亡くなってしまうなんて。

こういうニュースを聞くたびに他人事とは思えずいつも震えあがってしまう。










関連記事

☆彡