はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

悩みや心配事は増すばかり

無職になって1年半。

初めのうちはストレスもなくゆったりと快適だったが月日が経つにつれ段々と変わってきた。

このままダラダラの日々でいいのか?

体はこの先大丈夫なのか?

また働いて少しでも収入を得たほうがいいのでは?

両親が認知症や寝たきりになったらどうしようか?

両親の介護はできるのだろうか?

置換された機械の心臓弁は壊れないだろうか?

その時かなり苦しむのだろうか?

もし65歳以上まで生きてしまった時年金だけで生活できるのだろうか?

一人で寂しくなってしまうのだろうか?

近所の人は自分の事をどう思っているのだろうか?

築30年以上の今の家にこのまま住み続ける事ができるだろうか?

リフォームか立て直しが必要になった場合お金は大丈夫か?

心臓以外に異常が見つかり手術になったらどうしようか?

などいろいろと考えてしまうようになってしまった。

その時は悩むのだが数分経てば悩んだって仕方がないと思い考えないようにしている。

働いていた時にはこんなことは何も頭に浮かばなかったのに暇ができた今はたまに頭に浮かんでしまうようになった。

夢もそうだ。

働いていた時には見なかったのに無職になって気持ちが楽になってから見るようになった。

それも悪い夢ばかり。

何年か前に洞窟で40年ぐらい暮らしていてニュースになっていた「洞窟おじさん」も言っていた。

「洞窟で暮らしていた時は夢など見なかったのにベッドの上で寝るようになったら悪い夢ばかりみるようになった」って。

もしかしたら人間にはある程度のストレスが必要なのかもしれない。

いやストレスがない生活なんてあってはいけないのかもしれない。

今はいろいろと頭に浮かぶ心配事や悩みがストレスになっている。

そういえば悩んだ日の夜には悪い夢を見ないな。










関連記事

☆彡