はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

重度障害者の登山はやっぱりキツイ!

毎週土曜日は山を登ろうと頑張ってきたのに昨日は行けなかった。

というか登るのが嫌になってしまった。

いつものように7時に起きて朝食を食べ準備をしていたのに途中で嫌になってしまった。

寒かったのもあったがどうも気が進まなかった。

山を登るのがかったるく感じてしまった。

手術後から登山はしていて5年になるがこんなことは初めてで今まで気が進まないなんてことはなかったから、いったいどうしたのだろうと考えてしまった。

最近急に寒くなったせいもあるが、今年の1月や2月だって寒くても毎週8時には家を出て山を登っていた。

その時だって気が進まない事なんてなかった。

歳のせいなのだろうかとも考えたが、やはり一番の原因は大病のせいだと思う。

よくよく考えれば当たり前の話だ。

これまでだってよく登山をしてきたなと思う。

重度障害者なのに。

病院の先生にもあまり無理はしないようにと言われていたのを思い出した。

ウォーキングをすすめられたこともあった。

無理をしすぎてきたのかもしれない。

体が嫌がってきたのだろう。

そういうことでこれからは無理をせずに散歩程度にしておこうかと思う。

今年も後一月、体を大事にしていこう。

今日からは毎日毎日を体の喜ぶことを考えて行動しようと思う。






関連記事

☆彡