はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

クリぼっち

クリスマスイブです。

数年前までは憂鬱でした。

でも今はもうそれほど憂鬱にはなりません。

年を取っておじさんになったからです。

諦めたからです。いろいろと。

リア充の方や陽キャさんたちはハッピーなクリスマスイブを過ごすのでしょう。

非リア陰キャの私はずっと引きこもって傷つかないようにそっと明日が来るのを待つことにします。

ケーキもありません。プレゼントなんかもってのほかです。

ラジオからは楽し気にジングルベルが聞こえてきます。

いつからジングルベルが楽しくなくなったのでしょうか。

小学生の頃からでしょう。

サンタさんにプレゼントをお願いしても何ももらえないと知った時からです。

それでもクリスマスには枕元に靴下を置いて寝ていました。

朝になり何もない冷たい靴下を履くときの寂しさが今も私を苦しめています。

早くクリスマスが過ぎ去りますように。

寂しい夜を過ごす人たちにメリークリスマス。







関連記事

☆彡