はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

病院の様子を見てきた

今朝7時半に家を出て8時に病院へ到着。

待合室には3人いて8時に受付をした後に採血へ。

9時まで1時間あったので売店でコッペパンのピーナツバターを買って食べた。

これが高かった。117円(税)。

いつも行くホームセンターでは88円(税別)だが仕方なかった。腹が減っていたので。

待つ間に次々と人が入ってきて病院の駐車場はどんどんうまっていった。

来る人はみなマスクを着けていた。

くしゃみをする人や熱がありそうで具合の悪い人はいなかった。

そう言えば病院の入り口に看板が立ててあり、熱のある人は前もって電話で問い合わせてくれとあり病院に来ても中には入れないともあった。

理由は新型肺炎の場合、周りの人への感染を防ぐためともあった。

病院は絶対に新型肺炎の患者を出すまいとガードしていた。

内科の受付前に座って待っていた時、内科へ患者から38度の熱が5日間続いていると電話があり受付の看護師が担当の先生へ電話を回していた。

たぶん担当の医師は保健所か他所の専門病院へとたらい回しをしたのだろう。

今はどこの病院も同じ対応だと思う。

ちゃんとした検査を受けるには電通か上級公務員でなければ受けられないからな。

私などが新型肺炎にかかったらきっと見捨てられそうだ。

怖い怖い。

気を付けなければ。

それと病院へ行く途中、ドラッグストア前に行列ができていた。

20人ぐらいだったが朝の7時半に並んでいた。

多分、いや絶対マスクが目的だろう。

彼らは店が開く10時まで2時間以上も並ぶのだろう。

そこまでしてマスクが欲しいのかと思った。

転売でもするのだろうか?

全く転売屋にもあきれてしまう。

そこまでして金が欲しいのかと。

そういえば病院の売店でもマスクが売っていたな。

私の前の二人がマスクを買っていた。

7枚入りで550円だった。

レジの下に隠していてレジの人が少しづつ聞かれた人に売っているようだった。

いろいろと大変だ。

まったく。







関連記事

☆彡