はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

過去ログ

いつもの日曜日

毎週日曜日には朝8時から1時間ほど散歩をする。

近頃気温も上がってきたので着る服に迷った。

今朝も何時も着ているシャツにしようかと思ったが寒そうなのと少し白っぽく薄目だったので黒のトレーナーにした。

これなら黒のズボンに黒のトレーナーだから目立たないし寒くもないから丁度良かった。

外出するときは目立ちたくない。

30分ほど歩いた時少し暑くなってきて汗が出始めた。

8時過ぎなら人にも合わないだろうと思ったが5~6人の人と会ってしまった。

みんな同じように目立たない服装で帽子にサングラスやマスクで顔を隠していた。

みんな同じ考えのようだ。

人に会わないように朝の早い時間に出て顔を隠しながら散歩をする。

自分も同じように防止に薄目のサングラス姿だ。

すれ違う時も目を伏せ挨拶もしない。

田舎なのに

数年前まではすれ違う時に軽く会釈ぐらいはしたものだ。

でも時代は変わった。

こんな田舎でも都会のようになってきている。

別に不満ではないしむしろそのほうがいい。

人に干渉されるのは嫌いだから。

帰って来てから布団を干し掃除をした。

今はコーヒーを飲んでいる。

今日は天気が良く周りの山々も青々としていて綺麗だ。

少しベランダで日向ぼっこでもと思ったが日差しが強い。

午後はベランダが日陰になるからその時まで待とう。

やっぱり晴れた青空はいいな。





☆彡    

30万円

給付金がいつ貰えるかとかもう入金されたとか話題が絶えないこの頃。

自分の住んでいるところはいつなのかと気になってホームページを見てみた。

どうやら来月から申請書を郵送するそうだ。

SNSやテレビではもう入金されている人がいて入ったなどと喜んでいた。

しかしうちではいつ入金されるかなんてあまり興味がない。

我が家は3人だから30万円だがあまり興味がない。

何故かというと毎月、生活にかかるお金が5万円ぐらいしかかからずお金には困っていないし特別欲しい物もない。

当然入金される30万円も生活費となる。

まあ半年分の生活費は助かるがなくても大丈夫だ。

それでも貰えるものは貰っておこう。

本当に物欲のない生活は素晴らしいものだ。

自分にとって一番欲しい物は平和で健康な日々だ。

それから綺麗な山と青い空かな。

いい天気の日にベランダで椅子に座り山と青空が見れれば他に何もいらない。

この時が本当に幸せを感じることができる。

今日もまたいい天気だからベランダで過ごそうかな。




☆彡    

緊急事態宣言を終わらせるには

東京ではもう感染者がここ何日かは50人以内になってきた。

もうそろそろ緊急事態宣言を終わらせてもいいんではないかと思う。

とにかく感染者数さえ減ればいいのであればPCR検査基準をもっと厳しくして1日で10人以内にしてしまえばもっと感染者数も減るので効果的だと思う。

そしてもしコロナで死んだとしても変死または肺炎死ということにすればコロナも終息するのではないかと思い始めた。

どうせPCR検査数は伸びないのだから逆の発想をしてはどうか。

もう日本ではこうするほかはない。

都内のPCR検査も100人程度しか行われていないという。

少し前は中国はひどいと思っていたが今はもはや日本の方がひどすぎる。

簡単に数字の偽装をやっているのだから

これでは何も信じることができない。

だから今日も家に引きこもっていた。


ああ、そういえば地震雲なんてやっぱり嘘だった。

はすかしい。

記事を消しました。









☆彡